神戸・レーブドゥシェフから、とっておきのスイーツ情報をお届けします。

佐野シェフの夢・ものがたり-Reve de chef story-

こだわり素材 丹波栗

日本を代表する高級栗

上品で艶のある美しい栗色に、どっしりとした大きな粒。そのなかに詰まった、芳醇な香り、しっとりやさしい甘みをもつホクホクの実…。

レーブドゥシェフの秋のスイーツのなかでも、毎年大人気なのが「丹波栗」を使ったスイーツ。レーブドゥシェフでは丹波栗の魅力を余すことなく伝えるために、贅沢にまるごと一粒使用したり、えぐみのないまろやかさをマロンペーストで表現したりと、さまざまなかたちで丹波栗のおいしさをお届けしています。

「丹波栗」は、兵庫・丹波地方の農家で代々育まれている特産物です。粒が大きく、風味が豊かな上質の栗が育つのは、朝晩の温度差が激しい丹波ならではの気候と、急斜面な土地。朝早くから太陽の光を受けやすく、水はけもよい土地は栗栽培にうってつけといえます。

農地が限られているため、生産量もごくわずかですが、レーブドゥシェフではお客様に安心して召し上がっていただけるように、『丹波ささやま農業協同組合産地証明保証書』が発行された丹波栗、しかも代表的品種「銀寄(ぎんよせ)」の2Lサイズ(1粒の直径35mm以上)に限定しています。

佐野シェフは栗の出来映えを確かめに、そして、契約農家の尾松さんに会うために、毎年、丹波の栗山に足を運んでいます。

大きな粒で、ほっくり甘い。稀少な丹波栗を、美味しいお菓子で守りたい
 

丹波で育つ稀少な恵みを、惜しみなく

「丹波栗の農家さんたちは、今深刻な後継者問題に直面しています。日頃お世話になっている丹波の皆さんのために私ができるのは、丹波栗を使ったおいしくて楽しいお菓子を提供して、“丹波栗ってこんなにおいしいですよ”と、お伝えすることだけなんです」。そんな佐野シェフの思いが、数々の丹波栗スイーツを創り出しました。

栗のスイーツはたくさんありますが、レーブドゥシェフのように、稀少な丹波栗を惜しげもなく使ったスイーツが揃っているお店は珍しいのではないでしょうか。
大粒の栗を約2個分使った「丹波栗の贅沢パイ」、ペースト状の栗とハーフカットした栗をフレンチパイに包んで、食感の楽しさを演出した「丹波栗のおいしいパイ」、そして、特製丹波栗の餡に丹波栗の渋皮煮と丹波黒豆を丸ごとのせた素材もボリュームもたっぷりな、直径21cm(!)「シェフ特製丹波栗のスペシャルパイ」のほか、くちどけの良さが自慢のアイスクリームやシャーベットなどなど。

見て楽しめ、食べてますます微笑みが広がる丹波栗スイーツが秋のショーケースを賑わせます。秋・冬季限定の贅沢な味わいをぜひ一度お試しください。


 

>>オーナーシェフ佐野靖夫

人気の神戸スイーツが勢揃い!レーブドゥシェフオンラインショップ
株式会社レーブドゥシェフ
Tel.078-706-5080